【2024年最新版】楽天SEOとは?知っておくべきルールや具体的な対策10選を徹底解説!

楽天市場で成功を目指すなら、SEO対策は最重要といっても過言ではありません。

SEO対策を効果的に行い、検索上位を獲得すれば、広告予算をかけず大幅な売上や認知度の向上が期待できます。

多くの出店者が「検索順位を向上させること」が売上アップの鍵だとすでに認識しているかと思います。


ただ、実際にSEO対策について公表されている具体的な方法が少ないため、そもそもどのようにすれば順位が上がるのかわからないですよね。

そこで本記事では、楽天SEOの基本的な考え方や注意点など、基本的な内容から2024年最新の検索順位が決まるルールについてを紹介します。

また、上位表示するための具体的な10の対策を紹介し、楽天SEOで成果を出すための方法も解説します。

楽天出身者だからこその解説やポイント、明日からできる実践的なアドバイスも挙げているので、ぜひ参考にしていただき、お店の売上向上に役立ててください。

ジャグーの楽天市場総合支援サービス
Jagooは、豊富な成功事例と失敗事例を踏まえて最短距離で進めるEC戦略・運用のプロフェッショナルです。
売上拡大・利益拡大はもちろん、継続し続けられる「仕組み化」に至るまで完全コミット。 楽天出身者が経営しているからこそ実現する、ただの作業代行ではない本気で勝ち抜くEC戦略をご提供致します。

代表取締役米原広兼

監修者
米原 広兼

ジャグー株式会社 代表取締役

2015年に楽天入社後ECコンサルティング部に所属
作業やアドバイスではなく実行支援の重要性を感じ2020年にEC支援会社のジャグーを創業。
支援企業の中でSOY受賞経験は9店舗。

目次

楽天のSEO対策とは?

楽天SEOとは

楽天SEOとは、楽天市場内の商品検索結果で自店舗の商品を上位に表示させるための施策です。

一般的なSEO(Search Engine Optimization)と同様に、特定のキーワードでの検索結果を向上させることを目指しますが、楽天SEOの対象は楽天市場内に限定されます。

楽天市場の検索結果は「広告枠」と「自然検索枠」に分かれます。楽天SEOで目指すのは、自然検索枠での上位表示です。上位表示されることで、商品がより多くのユーザに見られ、クリック率や売上が向上します。

楽天SEOの効果を得るためには、楽天の検索アルゴリズムを理解し、適切なキーワードの選定と配置が必要です。

アルゴリズムは商品名、説明文、カテゴリ、レビューなどを評価し、検索順位を決定します。

特に、商品名や説明文に適切なキーワードを含めることが上位表示のカギとなります。

しかし、楽天SEOの最終目的は検索順位の向上だけではなく、売上の増加です。上位表示されても、売上に結びつかなければ意味がありません。

そのため、まずは売上を増やすための商品ページの最適化と、ユーザにとって魅力的な商品を提供する必要があります。

また、検索結果に表示されるためには、楽天市場のガイドラインを遵守することも重要です。

SEO対策は継続的にアルゴリズムの変化を追い、見直さなければなりません。

常に見直しをすることで、楽天市場内での競争力を高め、売上を持続的に向上させることができます。

楽天のSEO対策が重要な3つの理由

楽天のSEO対策が重要な3つの理由

楽天のSEO対策が重要である理由は以下の3つです。

  1. 楽天サーチからの流入が約4割を占めるから
  2. 転換率が高まるから
  3. 広告利用比率を下げ、中長期でCPAを抑えられるから

順に解説します。

①楽天サーチからの流入が約4割を占めるから

楽天サーチの検索窓

(画像引用元:楽天市場公式

楽天市場のユーザーの約4割は、楽天サーチを利用していると言われています。

ユーザーは欲しい商品を見つけるために、楽天市場内の検索機能を頻繁に利用しているのです。

したがって、楽天サーチでの検索結果で上位に表示されることが、商品の露出を増やし、クリック率を高めるために重要と言えます。

また、楽天市場での売上は「アクセス数 × 転換率 × 客単価」で決まります。

転換率や客単価を向上させるのには限界がありますが、アクセス数を向上させれば、売上の最大化が図れるでしょう。

自社商品ページへの流入経路は、RMS(‎RMS Rakuten Merchant Server:楽天利用者管理システム)内の「店舗カルテ」から確認できます。

楽天サーチからの流入数も詳細に確認できるため、常に新しいデータを把握し、楽天SEO対策の効果を確認しましょう。

②転換率が高まるから

楽天サーチからの流入が約4割を占める

楽天市場では、上位表示されている商品ほど検索流入が増え、転換率が高まることが分かっています。

なぜなら、ユーザーが検索結果の上位に表示されている商品をクリックする傾向が強いためです。

上位表示された商品は、自然とアクセス数が増加し、商品ページへの訪問者の絶対数が増えます。

その結果、購入に至る確率が高まり、売上が向上するのです。

特に、ユーザーが検索するキーワードに対して商品が上位に表示されると、自社商品が比較検討される確率が高まるため、転換率も高まりやすいでしょう。

③広告利用比率を下げ、中長期でCPAを抑えられるから

楽天のSEOは、対策を行ってから上位表示されるまでには時間がかかりますが、低コストで転換率や売上のアップが見込めます。

そのため、特に広告費用を抑えたい店舗にとって、売上アップの有効な手段と言えるでしょう。

広告宣伝と違い、SEO対策は一度行えば継続的に効果を発揮します。

広告とSEOの違いは下記のとおりです。

項目広告SEO対策
コスト高い(広告費がかかる)低い(主に時間と労力が必要)
効果の持続短期的(広告期間中のみ)長期的(継続的な効果)
クリック率高い高い(検索順位1〜5位の場合)
転換率中程度高い(検索順位1〜5位の場合)
更新の必要性定期的(広告の設定変更が必要)不定期(アルゴリズムの変化に対応)

楽天SEO対策を通じて上位表示ができれば、楽天サーチからの流入が増加します。

広告に依存しない自然検索流入の割合が増えることで、中長期的にCPAが抑えられ、全体のマーケティングコストが削減されるのです。

CPA

さらに、SEO対策による上位表示は、顧客の信頼を得ることにもつながります。

自然検索結果で上位に表示されることで、ユーザーにとって信頼性の高い商品として認識されやすくなるでしょう。

楽天SEOの基本的な考え方

楽天市場ではユーザーの購買体験を重視しており、SEOのアルゴリズムにおいても売上実績が重要な要素となっています。ここでは、楽天SEOの基本的な2つの考え方について解説します。

  • 上位表示には売上実績が必須
  • キーワードの検索対象は6項目

上位表示には売上実績が必須

楽天SEOにおいて、売上実績は上位表示のために重要な要素です。

楽天市場はユーザーの購買体験を重視しているため、よく売れている商品が検索結果で優遇される傾向にあります。

楽天SEO対策を行う際は、まず売上実績を積み上げるのが重要です。

たとえば、広告を活用したり、効果的なプロモーションを行ったりして、商品が売れる環境を作り出す必要があります。

商品が売れる環境をいち早く作りたい場合は、楽天の運営支援を受けるのがおすすめです。

運営支援を受けることで、売上実績を積むための効果的な戦略を立て、素早く実行に移せるでしょう。

キーワードの検索対象は6項目

楽天市場では、キーワードの検索対象となる項目が6つあります。以下の項目に適切なキーワードを含めることが、楽天SEOの基礎的な対策です。

  • 商品名
  • PC用キャッチコピー
  • モバイル用キャッチコピー
  • パソコン用商品説明文
  • スマートフォン用商品説明文
  • パソコン用販売説明文

特に重要なのは商品名です。

商品名に適切なキーワードを含めれば、ユーザーが検索した際にヒットしやすくなります。

ドライヤーを販売している場合「ドライヤー」以外に「速乾」「マイナスイオン」「プロ仕様」などの具体的なキーワードを商品名に含めると、検索結果での露出を高められます。

検索対象項目にキーワードを含める際には、自然な文章の流れを意識し、ユーザーにとって魅力的な内容にするのが重要です。

また、定期的にキーワードの見直しを行い、最新のトレンドやユーザーニーズに対応する必要もあります。

楽天SEOで検索順位が決定する3つのルール

楽天のSEO 3つのルール

楽天SEOの検索順位は、主に以下の3つの要素によって決定されます。ルールを理解し、効果的に楽天SEO対策を行いましょう。

  • キーワードの出現頻度
  • キーワードの希少性
  • キーワードの人気度

順に解説します。

① キーワードの出現頻度

検索エンジンが商品ページの内容を評価する際に、特定のキーワードがどれだけ多く出現するかがひとつの要素となります。

キーワードの出現頻度が高いほど、その商品が検索キーワードに関連していると判断され、検索結果で上位に表示されやすいのです。

たとえば、「スニーカー 軽量」というキーワードで検索上位を狙う場合、商品名や商品説明文に「軽量」を複数回含めるのがおすすめです。

【「スニーカー 軽量」の具体例】
この軽量スニーカーは、最新のテクノロジーを駆使して作られており、軽量でありながら耐久性も抜群です。軽量素材を使用しているため、長時間の使用でも疲れにくく、軽量設計が足への負担を軽減します。軽量スニーカーをお探しの方に最適な一足です。

上記のように、文章全体に自然な形でキーワードを散りばめるのがポイントです。

ただし、キーワードの過剰な使用はスパムとみなされるリスクがあるため、キーワードを適度に配置し、文章として成立するように心がけましょう。

② キーワードの希少性

希少性の高いキーワードとは、一般的に他の商品にはあまり使用されていないキーワードです。

たとえば「超軽量」というキーワードが商品名や説明文に含まれている商品が少ない場合、その希少性が高く評価されます。

楽天市場では、こうした希少なキーワードを持つ商品は、そのキーワードで検索された際に、上位に表示されやすい傾向があります。

希少性の高いキーワードを探すには、サジェストキーワード部分でサジェストを含めた3つ目の複合キーワードを探す方法がおすすめです。

サジェストキーワードとは、ユーザーが楽天市場の検索窓にキーワードを入力した際に、検索候補として表示されるキーワードです。

下記であれば、「レディース」「メンズ」「キッズ」などがサジェストキーワードに該当します。

楽天のサジェストキーワード

画像引用元:楽天市場公式

たとえば「スニーカー 軽量 夏用」のように、3つ目のキーワードまで掘り下げることで、競合の少ないキーワードを見つけられるでしょう。

また、同じ意味でも異なる表現やスペルの違いによる「ゆらぎワード」も考慮しましょう。

たとえば「軽量」と「軽い」など、異なる表現でも検索される可能性のあるキーワードを見逃さず、網羅するのが効果的です。

【希少性の高いキーワードを含めた例】
商品名:超軽量 スニーカー メンズ 夏用 通気性抜群説明文:この超軽量スニーカーは、特に夏に最適な通気性を備えています。軽量設計により、長時間の歩行でも疲れにくく、快適な履き心地を提供します。

上記のように希少性の高いキーワードを自然に組み込むことで、検索結果での上位表示を狙えます。

③ キーワードの人気度

キーワードの人気度は、特定のキーワードがどれだけユーザーから支持されているかで決まります。

楽天市場は、収益を最大化するために、人気度の高いキーワードを持つ商品を上位表示させる傾向があります。

そもそも楽天が指す人気度は、以下の2つのポイントによって評価されています。

クリック率の高さ検索キーワード経由で商品がクリックされる頻度
転換率の高さ検索キーワード経由で商品が購入される頻度

楽天市場が評価しているのは、ユーザーが検索する際により多くのクリック数と購入が見込めるキーワードです。

人気度の高いキーワードを利用することで楽天から評価され、上位表示の可能性が高まります。

人気度の高いキーワードを見つけるには、自社のデータ分析や競合調査を行い、どのキーワードが、より多くのクリックとコンバージョンを生んでいるかを把握するのかが重要です。

また、サジェストキーワードも人気の高いキーワードのヒントになるため、しっかりと調査しましょう。

楽天SEOの具体的な対策10選

ここから、楽天SEOの具体的な対策を以下3つに分けて、合計10施策を紹介します。自社の現状に見合った対策の参考にしてみてください。

  • 即効性のある楽天SEO対策4選
  • 中長期的な楽天SEO対策4選
  • 今後重要になる楽天SEO対策2選
即効性のある楽天SEO対策4選
1. 希少性の高いサジェストキーワードを商品名に挿入する
2. 関連キーワードの出現頻度を高める
3. キーワードと注目キーワードを活用する
4. 対策漏れのキーワードを見つける
中長期的な楽天SEO対策4選
5. 商品ページを充実させる
6. 商品レビューを増やす
7. イベント時に売上ピークを作る
8. 上位表示されている競合商品を分析する
今後重要になる楽天SEO対策2選
9. セマンティックサーチを有効活用する
10. 「最強配送」ラベルを獲得する

即効性のある楽天SEO対策4選

即効性のある楽天SEO4選

即効性のある楽天SEO対策は下記の4つです。すぐに取り組める対策なので、ぜひ実践してみてください。

  • 希少性の高いサジェストキーワードを商品名に挿入する
  • 関連キーワードの出現頻度を高める
  • 季節キーワードと注目キーワードを活用する
  • 対策漏れのキーワードを見つける

順に解説します。

1. 希少性の高いサジェストキーワードを商品名に挿入する

サジェストキーワードは、ユーザーが実際に検索している言葉を反映しているため、商品名やキャッチコピーに積極的に取り入れることで、検索結果での上位表示を狙えます。

特に3つ目の複合キーワードまで確認することで、希少性と具体性の高いサジェストキーワードが見つかるでしょう。

希少性の高いキーワードの探し方については上記「楽天SEOで検索順位が決定する3つのルール」を確認してください。

2. 関連キーワードの出現頻度を高める

関連キーワードの出現頻度を高めることで、商品がユーザーの目に留まりやすくなります。

関連キーワードとは、検索キーワードに関連する、もしくは連想されるキーワードのことです。

たとえば、「スニーカー」の関連キーワードは、「靴」「運動」「歩く」などが挙げられます。

楽天市場の商品名は最大127文字まで入力可能です。
この制限を活用して、商品に関連するキーワードを商品名やキャッチコピーにできるだけ多く含めるのがカギとなります。

特に、商品名の先頭に重要なキーワードを配置することで、ユーザーの目に留まりやすくなりクリック率の向上が期待できます。

関連キーワードは、商品名やキャッチコピーに含めるのがおすすめです。

しかし、無理にキーワードを詰め込むとスパムとみなされる可能性があるため、自然な文章の流れを意識して配置しましょう。

3. 季節キーワードと注目キーワードを活用する

季節キーワードと注目キーワードをうまく活用すれば、特定の時期やトレンドに合わせたユーザーの検索に対応しやすくなります。

季節キーワードとは、特定の季節に需要が高まるキーワードです。たとえば、夏には「夏用」「涼しい」「冷感」など、冬には「暖かい」「冬用」「クリスマス」などが挙げられます。

季節キーワードを商品名や説明文に入れることで、シーズンごとの検索需要に対応しやすくなり、上位表示を見込めるでしょう。

注目キーワードは、社会的なトレンドやイベントに関連するキーワードで、特定のイベントやニュース、流行などに寄与しています。

たとえば、新型コロナウイルスの影響で「マスク」「アルコール消毒液」などのキーワードが急上昇したように、時事的な要素を取り入れるのが重要です。

季節キーワードや注目キーワードは移り変わりが激しいため、常に最新情報を把握し、商品名やキャッチコピーに含めていく必要があります。

4. 対策漏れのキーワードを見つける

RMSで対策漏れのキーワードを調べる画面

(出典:楽天RMS)

SEO対策では、対策漏れのキーワードを見つけ出し、検索対象項目に追加するのも重要です。

対策漏れキーワードを見つけ出すには、RMS内の「アクセス・流入分析」>楽天サーチ」から、商品ごとの流入キーワードを分析します。

どのキーワードが商品ページへのアクセスを引き起こしているかを把握し、現在の商品ページに含まれていないキーワードがあるかをチェックします。

これが対策漏れキーワードです。

対策漏れキーワードがあった場合、そのキーワードを検索対象項目に追加できないか検討しましょう。

可能であれば商品名やキャッチコピーなどの優先度の高い項目に追加します。

検索されるキーワードは常に変化しているため、定期的に対策漏れキーワードのチェックを行うのをおすすめします。

中長期的な楽天SEO対策4選

中長期的な楽天SEO対策4選

中長期的な楽天SEO対策は、SEOと売上向上に相乗効果をもたらすため、継続的に実施するのが重要です。中長期的な対策は以下の4つです。

  • 商品ページを充実させる
  • 商品レビューを増やす
  • イベント時に売上ピークを作る
  • 上位表示されている競合商品を分析する

順に解説します。

5. 商品ページを充実させる

商品ページの充実は、楽天サーチの評価を高めるだけでなく、クリック率の改善やユーザーの購買意欲を向上させるのにもつながります。

以下のポイントを押さえて、商品ページを充実させましょう。

  • 商品説明文の充実
  • 高画質な画像の使用
  • 具体的な使用方法やシーンの記載
  • 商品のメリットの強調
  • FAQ形式でよくある質問の解決
  • 複数の視点からの画像の使用
  • 使用シーンを示す画像の使用
  • ユーザーレビューの活用 など

商品説明文は、ユーザーに商品の魅力を伝えるための重要な要素です。

詳細な説明を提供し、商品の特徴や利点を明確に伝えます。

また、適切なキーワードを自然な形で盛り込むことで、楽天SEOの評価が高まります。

そして、高品質な画像は商品の魅力を視覚的に伝えるために不可欠です。

複数の画像を使用し、さまざまな角度から商品を見せることで、ユーザーの購買意欲を高めます。

さらに、ユーザーからのよくある質問に答え、あらかじめ疑問点を解消しておくことで、ユーザーの購買意欲を冷めさせずに、コンバージョンにつなげられます。

楽天SEO対策を効果的に進めるために、商品ページの充実は欠かせません。

継続的にページの内容を見直し、ユーザーファーストな改善を図ることで、検索順位と売上の両方の向上に寄与します。

6. 商品レビューを増やす

商品レビューの件数や評価の高さはSEOに良い影響を与え、高評価のレビューが多い商品は検索結果で上位に表示されやすい傾向にあります。

高評価のレビューが多い商品は、ユーザーの信頼を得やすく、結果として転換率の向上にもつながるのです。

実際、7割以上のユーザーが、レビューを購入の参考材料としている調査結果もあります。

出典:77%がオンラインレビュー「参考にする」 投稿時期より投稿数を重視する傾向/キャプテラ調査|ECzine(イーシージン)

商品レビューを増やす方法はさまざまですが、たとえば商品に小さなおまけを付けて、レビューをお願いするメッセージを同封する同梱施策があります。

ユーザーはおまけを受け取ることで、ポジティブな気持ちでレビューを書いてくれる可能性が望めます。

また、購入後にフォローアップメールを送り、レビューを書いてもらうように促すのも効果的です。

メールには、レビューを書くことで得られる特典(クーポンやポイントなど)を明記し、ユーザーがレビューを書きたくなるようにします。

レビューの件数を増やすだけでなく、低評価レビューへの対応も重要です。
レビューには迅速に返信し、問題を解決する姿勢を見せることで、ユーザーへの信頼維持に努めましょう。

このように、改善策を講じることで、次回の購入につながる場合もあります。

7. イベント時に売上ピークを作る

楽天市場での季節イベントやセールイベント(お買い物マラソンやスーパーセール)で、売上を上げれば、楽天SEOにも良い影響を与えます。

イベント時はユーザーの購買意欲も高まっているので、うまく活用して売上の向上を目指しましょう。

イベント時には、イベント特有のキーワードを商品名や説明文に含めることが重要です。

たとえば、スーパーセールやお買い物マラソンの際には、「セール」「限定」「特価」などのキーワードを使用します

また、季節イベントでは、「夏用」「冬用」「春の新作」などのキーワードが効果的です。

キーワードの使用の他に、LP(ランディングページ)の作成も効果的です。

イベントに合わせて特定の商品のLPを作成し、訴求力を高めることで、売上アップが期待できます。

楽天市場では頻繁にイベントが行われるため、うまく活用して売上アップを図りましょう。

8. 上位表示されている競合商品を分析する

上位表示されている競合商品の分析をすると、自社に足りない部分が見えてきます。

特に商品名やキャッチコピー、説明文に含まれているキーワードを分析し、それを参考に自社が対策できていない点を明確にできるでしょう。

具体的に分析を行う場合は、該当商品に関連するキーワードを検索し、競合商品の商品名やキャッチコピー内のキーワードを抽出します。

抽出したキーワードをカテゴリ別に整理し、出現頻度や種類を比較することで、競合商品がどのようなキーワード戦略を実施しているか把握できるでしょう。

今後重要になる楽天SEO対策2選

今後重要になる楽天SEO対策2選

今後重要になる楽天SEO対策は下記の2つです。変化の多い楽天市場内で上位表示を目指すのであれば、積極的に対策を講じるのがおすすめです。

  • セマンティックサーチを有効活用する
  • 「最強配送」ラベルを獲得する

順に解説します。

9. セマンティックサーチを有効活用する

2024年1月から楽天市場で導入されたセマンティックサーチは、AIを活用したディープラーニング技術であり、検索キーワードの単純な一致ではなく、ユーザーの検索意図を理解することを目指しています。

ユーザーが検索するときの背景や目的を把握し、関連性の高い商品を提案することが可能になるため、うまく活用すればユーザーの購買体験をより高められるでしょう。

たとえば、「静音掃除機」と検索した場合、セマンティックサーチでは単に「掃除機」というキーワードに一致する商品だけでなく、「音が静かな掃除機」や「静音機能付き掃除機」といった検索意図に沿った商品を表示します。

そのため、ユーザーは自分が探している商品をより迅速に見つけることができ、検索結果の満足度が向上します。

セマンティックサーチでは、商品画像からの情報も読み取っているため、利用シーンやイメージを掲載しておくことがおすすめです。

また、セマンティックサーチのアルゴリズムは常に進化しているため、定期的に商品ページの内容を見直し、最新のトレンドやユーザニーズに合わせて更新する必要があります。

10. 「最強配送」ラベルを獲得する

「最強配送」ラベルを獲得すれば、楽天SEOから高い評価を得られます。

また、ユーザーにとっても配送の満足度が向上するため、売上アップが期待できるしょう。

「最強配送」とは、楽天市場で2024年7月1日からスタートする「配送品質向上制度」の一環です。

配送サービスの品質を一定基準以上に保つことを目的とし、基準を満たしている商品には「最強配送」ラベルが付与されます。

ラベルの獲得には厳しい基準をクリアする必要がありますが、ラベルがついた商品は検索結果で上位に表示される可能性が高まり、アクセス数、売上アップも見込めます。

出店者にとっても、ユーザーにとってもメリットがあるため、積極的にラベル獲得を目指しましょう。

「最強配送」ラベルについては下記の記事で詳しく解説しています。

関連記事:楽天最強配送とは?ラベルの獲得条件や導入のメリットとハードルを解説

楽天SEO対策における3つの注意点

楽天SEO対策をする際は、下記の3つのポイントに注意しましょう。

  1. キーワードの乱用を避ける
  2. 定期的にキーワードを更新する
  3. 楽天のガイドラインを遵守する

順に解説します。

①キーワードの乱用を避ける

楽天SEO対策では、キーワードを過剰に使用しないことが重要です。

関連のないキーワードが多すぎると、ユーザーが求める情報にたどり着きにくくなり、ユーザーに分かりづらい印象を与えかねません。すると、ページからの離脱率が高まり、SEO評価にも悪影響を及ぼします。

楽天市場のアルゴリズムは、不自然なキーワードの多用を検出し、スパムとして判定する場合があります。

スパム判定を受けると検索順位が大幅に下がるだけでなく、最悪の場合、掲載停止などのペナルティを受けることもあるため注意しましょう。

②定期的にキーワードを更新する

対策するキーワードを定期的に更新することも重要です。

ユーザーの検索ニーズや楽天のアルゴリズムは常に変化しているため、ニーズに合わせて定期的にキーワードを更新する必要があります。

たとえば、季節商品や新製品が発売された場合、その商品に関連するキーワードの検索頻度が高まります。

Googleトレンドや楽天市場のサジェスト機能を活用して、トレンドや季節に合わせたキーワードをリサーチし、ニーズに対応できるキーワードを見つけ出しましょう。

また、楽天市場の検索アルゴリズムは定期的にアップデートされます。

アルゴリズムが変わることで、検索順位に影響を与える要素が変わるため、常に最新のアルゴリズムを理解し、キーワードを更新することが重要です。

③楽天のガイドラインを遵守する

楽天のガイドラインに違反すると、SEOで上位表示されるどころか、ペナルティを受ける可能性があります。

ガイドラインを遵守するには、検索順位の維持やペナルティの回避、ユーザーからの信頼獲得など、さまざまな観点からの検証が重要と言えます。

ガイドライン違反の一例は以下のとおりです。

サクラ行為店舗関係者による自店舗レビュー投稿
虚偽の情報掲載商品説明や画像に虚偽の情報を掲載
不適切なワードの使用商品に直接関係のないワードの記載

楽天の出店案内ページの「店舗運営ガイドライン」にて、詳細なガイドラインが明示されています。内容を確認し、ガイドラインを遵守して健全な運営を行いましょう。

まとめ|楽天SEO対策を行って売上を向上させよう

楽天市場での成功を目指す場合、楽天SEO対策は非常に重要です。

SEO対策は検索順位の上位表示だけでなく、ユーザーからの信頼獲得や売上向上に直結します。

対策する内容は多岐にわたりますが、広告比率を下げ、中長期的にCPAを抑えられる効果もあります。

しかし、自社の対策だけでなく競合のリサーチやガイドラインの遵守など、リソース不足で手が回らないという担当者様もいるのではないでしょうか。

ジャグー株式会社では、出店者様に対し、楽天市場出身者による専門的なサポートを行っています。売上の改善や社内運用の仕組み化など、戦略から販売までを一気通貫したEC支援をご提供します。

楽天SEO対策など、楽天の運用に関するご相談があればお気軽にお問い合わせください。

ジャグーの楽天市場総合支援サービス
Jagooは、豊富な成功事例と失敗事例を踏まえて最短距離で進めるEC戦略・運用のプロフェッショナルです。
売上拡大・利益拡大はもちろん、継続し続けられる「仕組み化」に至るまで完全コミット。 楽天出身者が経営しているからこそ実現する、ただの作業代行ではない本気で勝ち抜くEC戦略をご提供致します。

楽天SEOに関するよくある質問

Q.楽天SEOのアルゴリズムは公開されていますか?

アルゴリズムは明確に公開されていませんが、楽天の公式サイトに説明があります。

公式の見解を理解し、SEO対策を行いましょう。

(参考|楽天市場の商品検索における検索順位の決まり方について

Q.楽天SEOで一番重要な要素は?

商品の売上実績の高さが最も重要とされています。

そのため、SEO対策と同時に広告の利用や効果的なプロモーションの実施など、商品が売れる環境を作るのが重要です。

詳細は「楽天SEOの基本的な考え方」を再度確認してください。

Q. 楽天SEOに有効なツールはありますか?

楽天サジェストが検索できる「ラッコキーワード」や、楽天の検索順位のチェックができる「検索伝令くんLight」がおすすめです。

ツールを活用し、効果的に楽天SEO対策を行いましょう。

代表取締役米原広兼

監修者
米原 広兼

ジャグー株式会社 代表取締役

2015年に楽天入社後ECコンサルティング部に所属
作業やアドバイスではなく実行支援の重要性を感じ2020年にEC支援会社のジャグーを創業。
支援企業の中でSOY受賞経験は9店舗。

SHARE